読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯蓄に目覚め、奮闘! 目標は資産運用 〔お金がお金を生むようになるためへの遥かな道のり〕

のんびり主婦だった私があることをきっかけに貯蓄に目覚めました。      お得になることを検討しながら、貯蓄、資産運用をしていきます。

1円の重みを感じるように。目標は資産運用・・・お金がお金を生むように

ご訪問ありがとうございます。

ポイントサイトを利用するようになってから、

1円の重みを感じるようになりました。

1円足りなくても換金できませんし、

ログインするだけでも時間が必要です。

 

実は今までの私は家庭内のストレスから

浪費が凄かったんです。

必要なんだから、仕方がない。

こどもには教育。

行事のたびに洋服購入。

イベントごとに高価な外食。

 

でも、自分が病気になり、

投薬で治る病気、

でも日常生活を送るのは困難でした。

そして家族に不幸があり、

私を支えてくれる人も・・・

 

頼れるのは自分だけ。

こどもを守れるのは自分。

 

こどもに迷惑かけずに生きていきたい。

そう思い、貯金を始めました。

 

私の最終目標は、株の配当金で

生活できるようになること。

お金がお金を運んできてくれるようにすること。

 

読んでくださっている方と一緒に

頑張っていけたらいいな、と思っています。

 

今はささやかな貯金ですが、

老後までにはまだ時間はあります。

 

今はポイントサイトのささやかなポイント獲得。

 

ですが、ポイントを獲得するために、

無駄なものを購入したり、

体調を崩すといったことは本末転倒です。

 

無理せずコツコツとです。

 

前回もご紹介したポイントサイトご覧になってみましたか。

もう一度ご紹介させてください。

 

プリぽんですが、

お友達紹介の終了が決定しました。

2/28 15:00までです。

 

ここから登録すると150p

そして、新規登録で800p

合計950pになり、あと20pで交換できます。

(アマゾンギフト券 100円分)

 

【プリぽん】ここから登録すると500Pゲット!欲しいものを手に入れよう!

他のポイントサイト同様、

アンケートがあったり、広告利用で、

ポイントがもらえたりします。

私は今はまだログインするだけです・・・・

 

プリぽんのメリットは

画像を無料でお借りすることができます。

 

#######登録したポイントサイト######

 

1.お財布コム(現在一番利用しています。)

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布クリック

地味~に毎日スマホとPCからログインし、

お財布スタンプラリーにスタンプを押します。

必ず1コインづつ貯まります。 1コイン=1円相当です。

そのスタンプラリーでチケットを5枚ためると

10コインに交換できます。

そして通常アンケートに答えると1コインもらえるのですが、

期間限定で2/28まで2コインとなります。

バナーからサイトにいき、登録すると 100コインもらえます。

 

2.Gポイント

Gポイント ←クリック

 

 3.ちょびリッチ

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ ←クリック

 

4.ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタスクリック

私はコンタクト使用しているのですが、

使い捨てなので、3ヶ月に1度まとめ買いをします。

利用していたアットスタイルからの購入、

ハピタスが一番還元率が高く、

ハピタスを通して購入しました。

因みに還元率4%、400ポイントほどつきました。

 

5.モッピー 

(個人的な意見ですが、お財布コムより楽しいかも、です) 

モッピー!お金がたまるポイントサイトクリック

  昨日登録しました、ゲームが楽しそうです。

  お財布コム同様、チラシを見るだけ、や

  FANCLの500円のクレンジング購入の還元率100%があります。

  そして、節約で貯める、というお得な記事も

  掲載されています。

 

  以前ご紹介した公共料金をnanacoで支払う、

  というのも掲載されていました。

  

税金nanacoで支払うとなぜお得かというと、

nanacoにチャージするとき、

現金ではなく、クレジットカードでします。

その時ポイントが付くからです。

nanacoで支払った時に

ポイントが付くわけではないので

ご注意ください。

 

税金はコンビニ等では

クレジットカード での納税はできません。

 

ポイントサイトでポイントをためて、

nanacoに換金することもできます。

 

 

今回も急ぎ足の記事になってしまいましたが、

記事についてのご質問等、可能な限りお答えします。